太ももの測り方にも、ちゃんとしたやり方があるのでしょうか? もちろん、太ももの正しい測り方はあります。 ダイエットをする上で一番重要なのは、「モチベーションを保つこと」ですよね。 そのモチベーションを支えてくれるのが、「データ」です。 体重が○キロ減った、サイズが○センチダウンしたなどの成果がはっきりとわかると、モチベーションを維持することができます。 そのため、データは正確に取った方がダイエットが成功しやすくなるのです。 では、太ももはどのようにして測るのが正しい測り方なのでしょう。 太ももは立った状態で、一番太い部分を測ります。 体のサイズというものは、太ももに限ったことではありませんが、基本的には自分で測るのではなく、他の人に測ってもらった方が正確な数値がわかります。 なぜなら、自分で測るとずれてしまうことがよくあるからです。 ウエストや胸囲の場合と同じように、太ももの場合にも床と水平になるように測るのがコツなのですが、自分で測ると体の後ろ側が下がり気味になってしまうことが多いでしょう。 それに、つい強めにメジャーを締めたりして、サバを読む傾向もあります。 太ももは家族や友人に測ってもらうのが理想ですが、それが無理ならなるべく同じ測り方を心がけるようにしてください。